助成金って何・・・助成金とは!?

このサイトをご覧のあなたは助成金のことご存知ですか?

助成金という言葉は聞いたことはあるという方は多いと思いますが、実際に助成金をもらっている経営者はあまり多くありません。

助成金とはどのようなものなのでしょうか?

1.助成金とは?

助成金とは簡単に言うと、

雇用保険に加入している会社

一定の要件を満たすことで、もらえるお金のことです。

厚生労働省が管掌しており、会社が納付する雇用保険料で賄われています。

納めている雇用保険料が原資になっているので、雇用保険に加入している経営者は、要件を満たしていれば、もらわないと損ですね!

ちなみに雇用保険は、次のような従業員さんを雇用した場合に加入しなければなりません。

<雇用保険の加入要件>

31日以上引き続き雇用されることが見込まれる者であること。

1週間の所定労働時間が20時間以上であること。

上記のようなスタッフさんを雇用する経営者さんは多いですよね。

多くの会社さんが、雇用保険を適用し、スタッフさんが加入しており、助成金をもらう第一ステップを満たしているのです。

この助成金には2つの特徴があります。

助成金の大きな特徴

まず、1つ目の特徴として、助成金は要件を満たしさせすれば、タダでもらえることが挙げられます。

融資であれば、返済しなければなりませんが、助成金は返済の必要がありません。

また、経済産業省が管掌する創業やモノづくりをはじめとする補助金は、要件を満たしても、必ず採択されるものではありません。しかし、厚生労働省の管掌する助成金は、要件を満たしている限り、原則としてもらえるものです。

<ポイント>

・融資と異なり、返済不要!

・補助金と異なり、要件を満たせばもらえる!

第2の特徴として、間接的に会社の信用につながることが挙げられます。

前述の通り、助成金は雇用保険に加入していて(これから加入もOK)、一定の要件を満たした場合にもらえるものです。

雇用保険料を原資にしていてタダでもらえるものですから、労働関係法令に違反していないことなどが要請されます。

逆に言えば、助成金をもらえるということは、ある種、厚生労働省にみとめられた事業主であると言えるのです。

助成金をもらえたことで、間接的に会社の労働環境が良いことがわかります。

場合によっては融資などでも有利になるかもしれません。

また、助成金をもらえる環境を整えるということは、実は労務トラブルの予防にもつながります!

<ポイント>

・助成金をもらうには厚生労働省に認められる要件を満たす必要があり、助成金をもらえたら、間接的に会社の信用につながる。

・助成金をもらえる環境を整えると、労務リスクの予防にもつながる!

 
是非助成金に取り組んでみて下さい。