平成30年度もオススメ!予算500億円のIT導入補助金とは?

平成29年度新設されたIT導入補助金は今年度も予算が増額されています。
昨年度もご案内したIT導入補助金をご紹介いたします。

IT導入補助金とは?

平成29年度に新設された補助金で、平成30年度一押しの補助金です。

中小企業・小規模事業者等がITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、中小企業・小規模事業者等の生産性の向上を図ることを目的として、昨年度新設された補助金です。

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等のみなさまが自社の課題やニーズに合ったITツール(ソフトウエア、サービス等)を導入する経費の一部を補助することで、みなさまの業務効率化・売上アップをサポートするものです。

 

IT導入補助金の補助金額

補助金額は次の通りです。

購入した費用の最大2分の1(最大50万円)

ITツールの購入金額に対して、補助金申請が採択されれば50万円を上限として、購入金額の最大2分の1が補助されます。

例えば、100万円のITツールを購入し、採択された場合、最大50万円の補助金を受け取ることができます

「最大」というところがポイントで、場合によっては2分の1を下回る補助金額になるケースもあるようです。その場合であっても、最低金額は15万円と設定されています。
(1次公募では、2分の1未満に減額されているケースは少ないように思われます)

どのようなものが対象になるの?

あらゆるITツールが対象になります。
具体的には、次のようなシステム、ツール、サービスが、IT導入補助金の対象となります。
しかし、ハードウェアのみのツールは対象となりません

どのようなものが対象になるの?

□ ITツールとして認められたホームページ作成サービス
(例:ウェブ上で予約が出来るシステム等があるもの)
□ 業務用ソフトウェアやクラウドサービス
□ 顧客管理や在庫管理、営業管理などのシステム、ツール
□ 社内外のコミュニケーションシステム、ツール
□ その他、業務効率を向上するようなクラウドシステム、ツール、サービス全般

上記の通り、あらゆるツール・システム・サービスが対象となりますが、より細かく具体的に見ますと、次のようなもの全般となります。

外国人対応商談管理(製品企画、案件調査、提案、見積、契約)・ホームページ制作・マーケティング・コミュニケーション・問合せ管理・決済流通管理・納品管理・プロジェクト台帳(契約額、実行予算、引渡予定、要員割当て)・要員管理(シフト組み、勤怠、スキルタイプ、スキルレベル、残余工数)・協力会社管理(スキルタイプ、スキルレベル、残余工数)・プロジェクト採算管理(原価計算/実行予算、工数実績、配賦処理)発注・仕入・買掛・支払管理顧客管理(既存/新規、与信限度)・売上・請求・売掛・回収管理専用開発ツール(ゲームエンジン、プロシージャル技術、他)・予算統制・経営計画立案・予算原価策定財務会計・税務申告人事・労務・給与・福利厚生・教育・法令文書証憑管理(法定調書/契約書/他)ワークフロー・グループウェア・社内SNS・ビジネスチャットツール分析機能・自動化・効率化ツール(例:テンプレート等により業務機能を保有するAI、RPA等)・社内資産管理(器具、備品、ファシリティ、OA、IT資産等)

IT導入補助金の登録が必要

IT導入補助金は、ツールやシステム、サービスを販売する業者が、補助金の登録をしておく必要があります。
業者さんに、「IT導入補助金は使えますか?」と確認してみてください。
(助成金活用ガイド:ウィズアス社会保険労務士法人ではパートナーがサービスを提供するベンダー向けにIT導入補助金活用支援を行っていますのでご相談ください)

中小企業・小規模事業者が対象

IT導入補助金を受け取るとることができるのは、次のような中小企業・小規模事業者等でることととされています。次の表に該当しない大企業は対象外となります。

必ず採択されるものではない?

補助金は、厚生労働省の助成金と異なり、申請しても必ず採択されるものではありません。予算の範囲で公募があり、公募に応募し採択されて始めて補助金を受け取ることが出来るものです。
しかし、IT導入補助金は、他の補助金と比べてもかなりの予算が組まれています。

(平成29年度予算)100億円
(平成30年度予算)500億円   5倍に!

IT導入補助金は、今年度は500億の予算(昨年度は100億)が計上されており、実はまだ1次公募では、10分の1の約50億円程度しか採択されていません

ですので、2次公募も高い採択率になることも予想され、3次公募も開始されるものと思われます。
※平成30年7月20日現在の情報です。

IT導入補助金は、働き方改革などの国の施策を実現するために設けられ、そのために多くの予算が組まれています!
是非、この機会にIT導入補助金をご活用ください!

IT導入補助金のベンダー登録や申請については、助成金活用ガイド(ウィズアス社労士法人)までお気軽にお問い合わせください。