助成金はハローワーク経由で採用しないともらえない!?

助成金は、雇用保険料の一部がもとになっており、雇用保険に加入していることが前提となります。

この雇用保険料がもとになっている助成金、助成金のことをよくわかっている事業主、助成金に詳しい社会保険労務士が身近にいる事業主は、毎年いくつもの助成金にチャレンジしていますが、そうでない事業主は、助成金にまったく取り組めていないのが現状です。

なぜいくつも助成金に取り組める事業者とそうでない事業者がいるのか?は以下を参照下さい。

助成金は1つ取り組むと同時に2つ3つと取り組みやすい?

助成金はハローワーク経由で従業員を採用しないともらえないという誤解

このような中で助成金に取り組んでいない事業主の多くが誤解していることがあります。

それは「ハローワーク経由で従業員を採用しないと助成金をもらえない?」といった誤解です。

確かに、ごく一部の助成金については、確かにハローワークの求人から採用しないともらえないものもあります。

しかし多くの取り組みやすい助成金は、ハローワークを経由して採用した従業員でなくても、助成金の対象となります。

特に、キャリアアップ助成金の正社員化コースで誤解されています。

この助成金は、半年以上非正規で雇用していた従業員を、正社員登用し半年以上雇用し続けると、1人あたり60万円(東京都は+50万円で、合計110万円)の助成金がもらえ、年間最大15名まで対象とすることができる助成金です。

このキャリアアップ助成金・正社員化コースでは、ハローワーク経由で採用した従業員でなくても対象となります

きちんと雇用保険(法人の場合は社会保険も)に加入していれば、ハローワーク経由での採用でなくても問題ありません。

助成金に取り組めていない事業者が誤解していますが、一部の助成金を除き、ハローワーク経由の採用でないスタッフでも助成金対象となります

是非、従業員に良い取り組みをして助成金をもらいましょう!